FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

6月8日 リオへ来た

ここでは3週間以上を過ごす予定なので 順次現地レポートをするとして、、、、、、今日は中間の町、ParatyとIlha Grandeの最新情報を発信



町の印象はそれぞれのブログで書いたので 基本情報のみ:


Paraty(パラチー)見所はラブリーな旧市街と海岸。女子なら「かわいぃ~~!」を連発するであろう町。(牛美は人生ベテランの域なのでそんなこたぁ言わない言わない)

Ilha Grande (イラグランデ)車のない孤島。電気、ガスやレストランは普通にあるので心配無用。のんびりと過ごすのに最適。


            

どちらも移動は簡単、というかブラジル国内の移動は簡単である。バス停へ行きその場で目的地へのチケットを買う、港でフェリーのチケットを買う、後は乗るだけ。難しいことはない。言葉が話せなくても問題なし。

オフシーズンは宿の予約なしでも問題なし。ネットで予約をする場合ポルトガル語のみのサイトが多く値段が表示されていないので面倒だが、チェックインとアウトの日付を書いてメールしておけばなんとかなる。

治安良し。日中の到着ならば何の心配もいらない。ちなみにパラチーのホステルは印象が悪かった。イラグランデにはキャンプ場もある。


食費は多少高めしょぼい店でも10%のサービスチャージがあらかじめ勘定に含まれている。スーパーマーケットも多い。
パラチーの旧市街にはい~い感じのバーが多いが、カバーチャージがたいそう高い店が多いので要注意。ミュージックチャージと称して1人10ドルも取る所がある。メニューをチェックすること。

         



ウバトゥバからパラチーへ行く場合の格安バスチケット 一日5便あるが12時発のバスは通常9レアルのところが5レアル。



イラグランデへ渡るフェリー:  は平日6.5レアルで週末は13レアル。日に一便しかないが 港に早めについた場合、スクーナーの乗り合いが数便出ており10レアル程度で乗れるので船着き場あたりをうろついてみるのも手。
リオへ移動する場合、イラグランデの船着き場でFAST Connectionという会社のサービスが便利:小型の乗り合い船で本土に渡りそこで専用バスに乗り換え、リオの何処へでも送迎してくれる。これだとフェリーから長距離バスに乗り換え、さらにリオのバス停からタクシー(またはローカルバス)に乗り換えて、見知らぬ場所でホテル探しをしなくてすむので早くて安全、快適で有り難かった。値段は週末だったのでトータルで考えるとかえって安上がり。二人で100レアルだった。





この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg