FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

     願ってもない好天であった。

       4月の気温、少し暑く感じた。
   今回で五回目となる東京マラソンの歴史では天気は一番だ。


奴豚には三回目、牛美は初参加、で 余計なお世話でスタートからフィニッシュまで伴走すると宣言した奴豚相手に『いいえ結構、ほっといてくれ』と言えずに、内心《完走より、伴走されることに耐えられるか?》の方がよっぽど不安であった。


起床4時半、ストレッチ~朝食~快便、気分良く新宿へ向かった。

京王プラザホテルのロビーでシンガポールから来ている10名の知人達と集合&記念写真、テンション高い彼らは、牛美が上着脱いだり支度しているのを待てずに、さっさとスタート地点に向かってしまった。置いてけぼりを食って牛美に怒りを向ける奴豚にスタート前から気持ちが萎える。(だから、嫌なんだよなぁ、一緒に行動するの。。。)




スタートに並んで、かすかに聞こえてくる石原慎太郎の話を聞き上空をホバリングするヘリ数台を見上げていたら、ゆっくりと列が動き出した。さぁて、手元の時計をセットしてゆっくりスタート。






終始ゆっくりペース。30キロ地点から少しペースをあげられるか?と思ったが結局38キロあたりでペースダウン。5時間やっと切ったという結果だった。
平坦なコースで何故ペースが上げられなかったかと後から思うに、レース前に読んだ東京マラソンレース攻略法のせいでもある。
記事は一様に 始めはゆっくりトコトコ走りで30キロから先の力を温存、とか、足の疲れを減らすためにはゆっくり過ぎるペースでスタートとか、実際 ただでさえゆっくりペースの牛美にはこれ以上遅いペースで走る必要などない訳で、『抑えて抑えて』と言い聞かすよりは、思いのままに上げられる場所では上げて辛くなったら遅めてと、今まで通りに好きに走れば良かった、、と後悔。ど~せ足は痛くなるんだから。。



皇居の仮設トイレに5分強並んだので、ラップタイムにあらわれている。トイレの数が少ないのか、用を足す人が多いのか、何処のトイレも長蛇の列だった。
給水所も人だかりで近づけない。ともかく最初から最後まで凄い人数のランナーで前に出るのも出られるのも足を引っ掛けられないように常に気をつけていなければならない。3時間以内で走れるようならこんな混雑には遭わないんだろうけど。。。
給水も給食もほぼ持参したウエストポーチの物で済ませた。水とアミノの補給は何度かしたが、結局道中、浅草の人形焼もロールケーキやバナナも何ひとつ口にはしなかった。

         

奴豚は余裕のヨッちゃんで、他のランナーや沿道の応援者達と写真撮ったり差し入れを食べに行ったり、シャンペンまで貰って飲んでと、牛美のゆっくり過ぎるペースに飽きないようあっちへ行ったりこっちへ来たりしている。それが牛美にはさらにストレスになる。


         

奴豚が隣に来る度に私のエネルギーがスーっと吸い取られるのがわかる。折角貯めていた元気がなくなっていく。気のエネルギーというのは近親者からまず吸われるそうだ。
なるべく隣を走らないよう奴豚から離れて走る。もともと一人で走るのが好きなのである。会話しながら和気あいあいと走れる性格ではないのである。痛みも苦しみも自分のなかで完結する。どんなに遅くても何がおきても誰のせいでもなし、言い訳する事もなし、それが良くて一人でマラソンを走っているのである。







   沿道の応援は嬉しかった。

   天気が良かったので 
    フィニッシュラインまでずっと応援の列が続いていた。


イベント会場の催しも楽しかった。




丸一日、東京の街をあげてのお祭り。
それを見たくて共有したくて、参加出来た事に感謝。




      

ありがとう。素晴らしい一日を本当にありがとう。


走る事で人に伝えるエピソードやドラマは何ひとつない我々だが 大東京祭りを一緒に盛り上げる事が出来て良かった。
世界に誇る大都市東京を一日開放してくれてありがとう。




喧嘩する事なく奴豚と一緒にフィニッシュラインをくぐった。
4時間58分17秒也。

   


追伸: 今朝のニュースでバナナの記事を読んだ。
大会中提供されていたのは東京マラソン専用のスペシャルバナナであった。
何が特別かというと、マラソン用に栽培され完熟を迎える八日前からZARDの「負けないで」の曲を流し続けて黄色に熟させた、生産者からの熱い気持ちがギッシリ詰まったバナナであったそうな。奴豚に教えてやったら「あんたら日本人は病気」と笑われたが、そんなトコ好きだなー。
ドールさんありがとう、甘くて美味しかったです。


【パートナー】
走っている最中というのは特に敏感になっているようです。平常心に戻るまで時間かかってしまうんです~、私の場合。
メドックなんて物凄くうるさそうです。。。飲むな、食うな。。って。。。
【No title】
>奴豚が隣に来る度に私のエネルギーがスーっと吸い取られるのがわかる。折角貯めていた元気がなくなっていく。気のエネルギーというのは近親者からまず吸われるそうだ。

読みながら笑ったり妙に同感したりです。
…私も経験あります。
でも、まあ逆も時にありますから許してあげてください。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg