FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Timberline Trail Run

6月4日、土曜日。

雪の残るトレイルで雨だったら、泥だらけのぬかるみの中を走るのは憂鬱だなぁ。。




.....との心配も吹っ切れ、
      天気予報通りの朝から快晴。






8時半フルマラソン組スタート、我々の14マイルランは10時、ゲートを1人ずつ時間差でくぐってスタートして行った。トレイルが狭いのと、車道を横切る際に、規制しやすいからだそうだ。
      


予想よりアップダウンは少なかった。
一番応えたのはフィニッシュ前の登りだったが。。。



湖の北側にはまだ雪が残っており、靴が泥に埋まったが、それ以外は走りやすい乾いたトレイルで充分な幅もあり、すれ違いも追い越しも容易に出来、いいコースであった。


Hood山の雄姿が見渡せるのかと思っていたら、トレイルは林の中で景観は一カ所を除いてほとんどなかった。

トレイル道の木の根や石に注意を払いながらほとんど路面と前行く人の足運びを見て走っていた。何人か抜かすことが出来たし、いくつかの小さい登りも苦にならずになかなかいいペースで終始走ることが出来、満足であった。


年齢別で三位のメダルも貰ったし文句無しのレースだった。

奴豚はというと、二代目の五本指シューズ(バイブラン)と相性が悪く大きな血豆を二つもこさえて、さぞかし痛かった事だろう。

ベアフットランニングの醍醐味は素足でこの靴で走ることのようだが、直ぐに靴が臭くなって、一緒にいるこっちの鼻が曲がりそうだよー。





   14.1マイル  牛美2:34:05
          奴豚2:25:22




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg