FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

グルーポンの宅配おせち料理が問題になったのは今だ耳新しいニュースだが、我々も日々、宿の割引クーポンを利用して旅をしている。
物件によっては半額近く割り引かれる宿もあるため、移動中の宿の決め手になっている。
宿のランクは下の中~中の中あたり。モーテルが中心。

ポーターなんて当然ながら存在せず、通常、フロントにスタッフが1人居るだけだ。
部屋にはテレビ、冷蔵庫、電子レンジ、コーヒーメーカー、ヘアードライヤー、アイロンとアイロン台、がある時と、、ない時もある。wifiはあって当然なのでない所へは行かない。


ちょっと安過ぎない? という価格設定の場所は何か安くせねばならないワケがある事が多く、部屋を見せてもらって他所へ行く事もある。
立地が悪い・建物が古すぎる・変な匂いがしたり床がちょいと汚な過ぎたり、wifiが繋がらないのはNG。キャンピングカーで7ヶ月、快適に生活してきた我々、文句は少ないつもりだが。。?



先日たまたま見ていたTVの番組でフードスタンプやクーポンを貯めに貯めて、500ドル分の食料をタダで購入する事に挑戦していた。準備と計算、慎重な購入タスクで見事500ドル分の大量の食料をタダで調達に成功。簡単そうに聞こえるかもしれないが、各クーポンの価値はホンの数セントや数ドル分であるから、集めるだけでなく、組合せも熟考せねばならず、数字パズルが好きでないと嫌になる作業だろうなー。
それら全ての食料は各地の施設に寄付していたのが素晴らしい所だった。こんな支援方法もあるのかと感心した。


フランチャイズのモーテルチェーン Econolodge , Travelodge, Rodeway inn等はほとんどが家族経営で、オーナーにインド人系の方が多い。(今までの経験から90%)

ロビーにはいつもカレーの匂いが漂っている。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg