FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ブラジル移民100周年記念行事の一環で浜松の大凧揚げがリオデジャネイロのコパカバーナ海岸で行われた。

 これが浜松の大凧


天気は悪いが かろうじて雨ではなかった。

牛美は朝から奴豚をせかして「早よ行こ」とうるさかったが案の定会場ではすでにスポンサーの大凧揚げの最中。

 スポンサーさん(銀行)の凧

いよいよ日本とブラジルの架け橋(?)の大凧揚げ



  
        かけ声と共に後ろの若者達がひいて走る  
                   揚がった 
 
   綱の調整に真剣なまなざし

 浜松の大凧揚げ衆



浜松の強い風には高々と揚がる大凧だそうだが 今朝のコパカバーナの微風では凧が重すぎるそうだ、と お話をうかがった。それでも大凧揚がって嬉しかった! そして久しぶりに沢山の日本の方と日本語で話が出来た事、法被姿の日本男児の真剣なまなざしが見られて とても嬉しかった!!!


 


ローカルの町内会メンバーも加わり凧揚げ大会。

グレーな空に凧が泳ぐ。




公式訪問中の皇太子殿下がコパカバーナ海岸沿いの道を白バイとパトカーに警護され通過。スピードをゆるめて凧揚げを車内からご覧になっていたようである。
青いバスの前方を行く車内にいらっしゃるはず。。。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg