FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

この地を流れる水は黒い。川も湖も黒っぽい水、それはピート(泥炭)という土壌のせいだが、このピートがウイスキー作りには欠かせないものなのである。いい水と無尽蔵にあるピート、そして気候が酒作りに適しているので沢山のウイスキー蒸留所がある。

そしてそれを巡るウイスキートレイルと名付けられた道がある。


まずはインバネスの町にあるグレンオードへ。2ポンド払って展示見学しテイスティング。ここのシングルモルトは12年もの一本勝負で全てをアジア市場に輸出しているそうだ。主な行き先は韓国。
ピートが醸し出しすスモーキーテイストとバニラやオレンジを思わせる甘い香りが大変美味しかった。


お次のグレンリベットにゆっくりしてしまい、次に行こうと思っていたグレンフィデック閉店に間に合わず。次回に持ち越し。

グレンリベットは工場のガイドツアーもテイスティングもただで、ついつい腰を落ち着けてしまったのだった。と言ってもガバガバ飲ませてくれるわけではない。


12年、16年、18年ものから一つを選ぶので奴豚と16、18年を試すことにした。

16年は喉にカー!とくるきついアルコールを感じ火を吹けそうだ。ここに数滴の水を加えると実にまろやかで深みのある香りに変化、なるほどね~と感心。
18年ものは 色と香りからして濃厚でまったり甘く粘膜に絡みつく感じで豊かな美味。

ちょっと分かったような顔してスコッチを楽しんだ一日。




【No title】
そろそろ一ヶ月ですね。ヨーロッパの旅 堪能されましたか? 
随分色々なところへ行かれましたね、綿密な旅程計画にはお時間を要した事でしょうが、すべて順調というところでしょうか。流石です。美味しいビール街道の続編も楽しみにしております。マラソンはさんざんでした。。。トホホ
【No title】
そちらはモルト、こちらはビールと道が分かれましたね。
いまフランクフルトです。
そろそろ旅も終りです。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg