FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

マルセイユ⇒カシ は 「我慢」 「気合い」 「感謝」


ゼッケンピックアップのエキスポはベロドロームスタジアムにて木曜から土曜まで開催。
      

         前回来たのは2007年、比べると見違える程立派で組織化されていた。

レース参加者は全ての往復公共交通機関が無料で、カシからの復路には電車、バスに加えてボートの選択もあり、我々は13時発のボートを予約した。(ボートは800席で希望者は先着予約が必要)


この時期のマルセイユはマルセイユ⇒カシの話題で町が高揚している気がする。
参加枠は13500人。インターネットの申し込みは受付開始から数時間で定員に達し閉め切られてしまう人気の市民恒例行事であり、待ちに待ったハレの日なのである。


圧倒的に男性ランナーが多く 男の沽券にかかわる健脚自慢の決戦の日、というイメージさえ感じる。

大雨でさんざんだった昨年のレースの話を聞くたびに 頼むから晴れてくれ~と神頼み。。。
天気予報は快晴、夏日とのことだった。

サマータイムが終わった翌日がレース当日。
レース前夜、寝る前に時計を1時間戻す。目覚ましも慎重に 間違えないようセット。
1時間余分に眠れるというのはありがたい。



5時45分起床。7時に家を出、ランナーで満杯の地下鉄で会場へ。
8時半 従兄弟のパスカルと待ち合わせ、友人のジェロームも加わり列の前方に陣取りスタートを待つ。
      

予報通りの快晴。9時半きっかり、ミシェレイ大通りの直線コースをカシ方面へ向けスタート。
最初から皆さん速い! 約2キロの直線コースでしょっぱなから怒濤のごぼう抜きをされる。
もちろんスタートと同時に奴豚、パスカル、ジェロームは遥か先へ消えてしまい、牛美の場合はいつも通りの一人旅。


市街を抜けいよいよ登りにさしかかるまでの7キロ、138メートルの高低差は緩やかな傾斜で苦にはならない。

      

コースの最高地点 コルデ ジネストは標高327メートル、山とは呼べないが、かけ上がるには十分キツイ高さだ。
最初の給水所が6キロ地点にあり、皆、ここで気を引き締めて176メートルの登りに向かうのだが、奴豚から事前に「ここでは止まらず峠まで駆け上がるように」との指示通り 団子状態を脇に素通りする。

カランクと呼ばれる岩肌に刻まれたヘアピンの道を右に左に回り込みながらぐんぐん標高が上がっていく。
ニューヨークに立つ自由の女神の台座石はここから切り出されたのだそうだ。

みるみるうちにマルセイユの町が足下に小さくなっていく。(写真はカシ側の家々)


スタートから1時間はじっと我慢だと思っていた。ともかく「我慢、我慢」で峠まで頑張ろうというのが作戦。(作戦とは言わないか。。)
スタートで皆のスピードに引っ張られて自滅しない「我慢」と 登りの辛さに負けない「我慢」。
どんなに足が辛くても絶対に止まらないというのが今回 自分への唯一の課題。
タイムはあまり気にしていなかった。登りは得意ではないし、夏日の気温にも多少不安あり、予約した13時のボートに余裕で乗る為、2時間半以内で走れればよしとしよう、ぐらいの予想だった。

登りでもどんどん抜かれた。『こんなに抜かれたら確実にビリだな』とちらっと思いはしたが それよりもともかく「我慢だ」「気合いだ」「我慢だ」「気合いだ」を歌のように心で繰り返して登りきった峠はすがすがしかった。
登りきったところに給水所、ここで水のボトルをつかみ頭から全身に浴びせて暑さ対策。照りつける太陽で倒れる人続出。救護班は忙しそうだ。
  (翌日、レース中に亡くなった方がいらしたとニュースで聞く。大変残念だ。。。ご冥福を祈る)


ここから5キロはなだらかに下る。やっと心地よいペースに自分を持って行く事が出来 挽回のチャンス、景色を見る余裕も出る。
「我慢」と「気合い」で頑張って来て 残り5キロの表示からコースは思いっきり下りになる。


ここから先、気持ちは「感謝」に変わった。


カシの小さな港を右手眼下に見ながら快調に下って行く時の気持ちは言葉に出来ない程 素晴らしかった。
痛いと感じられる足があることに感謝、痛いと思える時間を持てることに感謝。きっと将来 こんなに痛くて辛いマラソンというスポーツが出来た自分を懐かしく思う日が来るだろうから、今はこの時間を最高に楽しもう。
   「待ってなさいよ カシ! 今すぐ飛んで行くからねー!」
なんて晴れ晴れとした自由な、そして喜びに満ちたレースだろう。

          写真右)感謝の気持ちを込めたハートを作る牛美 

カシの町に入って最後の坂は登りもキツイが つんのめる程の下りが効くーーっ!!!

フィニッシュの港は応援してくれる人で埋まっている。コの字型の港を回り込んでフィニッシュをくぐるまで凄い大歓声。
力を振り絞ってラストスパート。

牛美2時間13分。心から嬉しかった。  それにビリじゃなかったし。。。

      

奴豚1時間57分、パスカル1時間47分、ジェローム2時間02分。
ビーチでひと泳ぎしながら牛美の到着を待っていてくれた。(写真右上はビーチで泳ぐフィニッシャー達)

      

目出たく13時のボートに余裕で乗り、1時間半の遊覧クルーズを楽しみ マルセイユの旧港へと戻ったのだった。

        このレース 癖になりそうだ。。。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg