FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

一時帰国中。

日本に戻って真っ先にすることは お役所巡りである。
というわけで、いつも通りに まず区役所内であっちこっちへとぐーるぐーると歩き回って集められる書類を全て集め、国保へも行き、その後小耳にはさんだ新情報を元に先回りして変更届なんて出してちょっと満足げ。(外国籍の人のみの変更事項)

次は入国管理局と大使館。その後税務署だな、きっと。
それが終わると健康診断と歯科通い、これいつもの流れ。

実家居候にて 炊事はお約束なり。しばし居酒屋はおあずけなり。
親と囲む久しぶりの食卓はプライスレス。
奴豚は会話について来れず苦戦中。

【フィリピンのご紹介【その2】】
フィリピンのご紹介第2弾は「滝」です。
TayTay Fall(タイタイの滝)、マニラ周辺ではここが一番有名です。
滝の規模(落差)は10メートルくらいでしょうか、そんなに大きくはありません。
が、水質はとにかくきれい、水の中に入り足の指の本数が確実に数えられます。
そして、その水の冷たいこと、冷たいこと、手足の感覚を麻痺させるには十分な冷たさです。
そして、いつ行っても沢山の人が水浴びをしています。

滝つぼは、思ったよりも水深があり、168センチの私では到底背が立ちません。

行き方は、マニラから南へ高速道路を1時間半、そこから田舎道を1時間強、TayTay Fallに到着します。
最初にご紹介したマリア・マキリン山を通り越していくわけです、滝周辺は別の山(バナハウ山2,165m)の一帯に属します。
バナハウ山にはこの山のトレッキングコースがあるはずですが、勉強不足で今のところは判りません。

滝の周囲はキャンプ場になっています。
家族連れできて、料理をしたり、お弁当を食べたり、友人同士のグループで来てお酒を飲んだり、
そういう事を一日していて飽きない人向けの場所です。

滝に行く途中は、アップダウンの激しい道です。
コンクリート舗装されていて、観光客の自家用車がすれ違えるだけの車幅はあります。
ジョギングシューズさえあれば、ここを走破するのも楽しいかも。

この滝付近で、昼間すごして、夜はマニラに戻る途中のマリア・マキリン山の近くの温泉ちかくに泊まるのも良いですね。
次が参考(一例)のURLになります ttp://www.yodisphere.com/2010/06/getting-high-at-majayjay-taytay-falls.html
【No title】
フィリピンいいですね。
これまで、フィリピンに行こうとか、帰国の途中に寄ってみようかということを全く考えていなかったことに今回気づきました。あっちこっちとアジアには出かけているんですけどね。
当地から最近ミンダナオ島のダバオに「移住」した方が複数いらっしゃいます。
いいところなんでしょうね。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg