FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

KL(クアラルンプール)が あの酔いどれランナーグループのハッシュハウスハリーズ発祥の地だという事をご存知だろうか?

1938年、ここKLで 英国人数名が毎週月曜日の夜、集まって走り始めたのである。
走った後にはパブで飲む。無論飲むのはビール。パブは由緒正しきセラングーンクラブのアネックス。この時にハッシュの特徴である ヘアー(うさぎ)と呼ばれる コースを選択する人の後を追って走るスタイルが確立されたのである。

第二次世界大戦でハッシュは一旦消滅したが、戦後 オリジナルメンバーが集まり復活することとなる。が、メンバーの一人は 1942年 日本軍シンガポール侵攻の際 戦死。


1950年の日付のある登録カードには以下の決まり事が書かれていたそうな。
To promote physical fitness among our members
To get rid of weekend hangovers
To acquire a good thirst and to satisfy it in beer
To persuade the older members that they are not as old as they feel[citation needed]




そのロイヤルセラングーンクラブへ行ってきた。

コロニアルスタイルの建物で見るからに敷居が高そうだ。
パブでビール一杯でも飲ませて貰えないかな?と思ったのだが、完全メンバー制。
招き入れてはくれなかった。残念。メンバーになるには紹介と面接のプロセス。





     外から写真だけ撮ってきた。









【No title】
入れて貰えずガッカリ、、、なので続編はないのですが。。
村山さんはお酒は全く飲まれないのでしたね。フィリピンにもハッシュはあると思いますが、お酒飲まなくても充分楽しめます。たまにはいいかもしれません。
【勉強になります】
マレーシアからのレポートご苦労様です。建物の壁の模様からしてなんだか敷居が高そうです。高々「飲兵衛」の集いにも何かこだわりがあるのか、或いは単なる変態の集まりなのか。。。次回はその核心のレポートに期待(?)致します(笑)
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg