FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

奴豚の起床は2時半。

牛美は不参加ゆえ この暑さの中を走る奴豚に敬意を表して3時に起き コーヒー飲んでだらだらしていた。

友人の車で約30分離れたスタート地点に向かう。道路規制で渋滞が始まっていたがスタート30分前には奴豚を無事送り届ける。

  すでに蒸し蒸し 身体に湿度が張り付く。



フルマラソン以外にもハーフと10キロ、5キロがあるそうで 総参加者数は二千人とのことだったが、スタートラインに並ぶフル組は200名もいなさそうだ。


5時、パーンというスタートの合図で最前列にかまえたエリートランナー達が飛び出して行った。

あとには、おのおのマイペースという感じに皆がゆっくり出て行くのを見送って、友人と牛美は車で一旦家に引き上げた。




暗闇のコースを照らしてくれる松明の明かりが ほのかに闇に浮かんでいいかんじ。




  

      
            
沿道の応援が沢山で 嬉しくなるね。
久しぶりに復活したマラソンイベントに子供達も嬉しそうだ。







     夜が明け、気温がぐんぐん上がりだす。







      

                  
 
        

今頃 どこぞを走っているかしらん? と 噂しながら 一家でフィニッシュ地点へ迎えに再度出かけるも 大渋滞でなかなかフィニッシュラインに到着しない。。。 

  そうこうするうち 奴豚から「フィニッシュしたんだけど ビールはどこよ?!」と催促の電話が入る。
              

        



あれま! 予想だにしなかった。 5時間で戻ってきたんだね。
     まぁ、「ゆっくりクールダウンでもしていてや」
  と 足下に置いてあるバケツの中のビンタンビールの大瓶をひっくり返して冷やしながらフィニッシュ地点へ着いたのは、奴豚から電話を貰ってからかれこれ45分後。



  すまぬすまぬ。

  はい、遅くなったが ビンタンビールのお届け~。



とは言っても 実際は暑さと疲れでビールを飲む元気すらなく、氷枕で頭を冷やし 車のクーラーで身体を冷やしながら帰路についたのであった。




  奴豚 5時間05分。

  干涸びずに完走なり。


  









この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg