FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  




ココに着いた…


高級高速ハイドロフェリーで南へ1時間10分。
最近 町になったFinnsnes(フィンスネス)というところ。



ノルウェイで二番目に大きな島センヤ(Senja)へ行く為に、ゲイトウェイになっているこの町へ来たのだが。。。


センヤ島はロフォーテン島に次ぐ 絶景の島。手つかずの自然やダイナミックな山々がそびえ立つところなのである。



、、、センヤは我々の様に自分の足がない旅行者には動きづらい場所なのである。

下調べで如何に島内の移動が不便かを知っていたので、トロムソからフェリーで直接センヤの小さな港町へ行く手筈を整えたのに、なのになのにの欠航で困った困ったなのである。



行く予定の港町には宿が一軒。食堂を兼ねている。
一番近い店まで4キロメートル。

早い話が何もない小さな小さな港。

そこへ行くバスは月曜、水曜、金曜 に 一日一往復だけ。

そこからの復路バスは日曜の夜にも1便あり、それに乗る予定で、以降の乗り継ぎを計画しているのだが、もしバスが運休したら…などと思うと二の足を踏む。 (写真↗ 魚 干してます)


船着場 兼 バス停 で しばし家族協議。”地の果て的な何もない港へ行きたい牛美” と ”バスが運休した場合の先の見通しを危惧する奴豚” と… どうするどうする? で、慎重派な我々はフィンスネスに宿を取って、行けるだけの範囲でセンヤ島へバスで通うという決断に。


結局、良い決断だったとあとから思う事になる。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg