FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

UTMB 2012 ノースフェイスウルトラモンブランマラソン公式サイト

木曜~日曜 シャモニーに行っていた。

世界で最も過酷な山岳ウルトラマラソンのひとつ、モンブランウルトラマラソン。3つのウルトラトレイルレースが同時開催される。
公式名はUTMB=The North Face® Ultra-Trail du Mont-Blanc®
テキサスの友人フランシスコが走るので高速道路を約5時間、平均時速130キロ、ノンストップで行った。
興味のある方はYoutube等で動画を探して頂くと詳細がお分かり頂けると思う。

     
        上の写真は エキスポ会場 


そもそもウルトラマラソンとは何ぞや?という方に :
   フルマラソンの42.195キロメートルを超える距離のマラソンは全てウルトラである。アイロンマンとかトライアスロンとは違って走るのみであるがその距離・コースは各レースそれぞれ大きく異なる。単純に距離と所要時間はスライドしないのである。特に今回のようにモンブラン近辺の山々の登り下りを繰りかえす激しいコースの場合。


フランシスコと共に走る4名のアメリカ人ランナー “チーム ハニーバッジャー” の着替えや飲食物を各エイド地点で渡す役割である。

      
     写真左)前夜 宿でのパスタ会       写真右)出発直前

我々を含め7名がクルーとして各地に分散する予定を練っていた大会当日朝、悪天候の為に距離は短縮、コース変更になった。詳細がつかめずエイド地点への移動が確保出来ない。


写真左)ランナー記念写真  中央)パスタランチ  写真右)スタート直前のスタート地点




 ぶっちぎりでCCCコース100キロを走りきって戻ってきたスペイン人ランナー(写真左)を迎えるためにUTMBコース出発が繰り下がった。

    前代未聞のスピードであった。







結局ほぼプランのない状態で見切り発車となった。

スタート時間も繰り下がり、予想外のハプニングも加わり午後7時15分に2300人の屈強ランナー達が笑顔でスタートした。



夕暮れが迫るシャモニーの町を後に 山に入って行くランナー達。
山の日暮れは早い。2時間もしないうちに闇夜だ。ヘッドランプを頼りに狭い山道を上り下りしているんだろうなぁ。。。と想像していたら大雨になってしまった。山のうえは雪だそうだ。濡れた衣服が更に体温を奪うことだろう。


             結局 一晩中大雨だった。




各地に散って行ったクルー。我々は宿でぬくぬく、ネットで各ランナーの現在地、経過ラップタイムをチェックし 次のランデブーポイントへ向かう。

チームとはいえ調子の善し悪しで二つのグループに別れて進んでいた。リーダーのPは一番遅いランナーに伴走、他の3ランナーより大きく遅れを取っていた。その一番遅いランナーが我らの友人フランシスコであった。フランシスコはテキサス育ち、暑いのは平気でも雪山は不慣れである。結局、フランシスコは途中で棄権を決意した。
他のメンバーはロッキー山脈のコロラド出身者。雪山で育って来たメンバーである。湾岸戦争で戦った筋金入りもいる。

明け方、メンバーの到着を待つ間 通り過ぎるランナー達全員に熱い声援を送る。凄いなぁ~、皆さん。

      

     着替えや食料をストックをしていくメンバー達。



午後からフィニッシュで皆の帰りを待つ。
ゴールしていくランナー達に祝福の声援を送りながら その感動的な姿に鼻の頭がツーンとして目頭が熱くなる。

   

(写真左:シンガポールの友人ルーベン) (写真右:仏人友人セシル)無事制限時間内に完走


大柄でタフな欧米人ランナーに混じって 華奢で小柄な日本人を含むアジア勢。一人で現地入りした若者達も多いようだったし ほっそりした女性も多い。

日本の人が多くてびっくりした。

皆、声援に笑顔で応えながら爽やかにゴールしていた姿が印象に残った。



               お帰り、みんな~。



お勧めビデオ:(コピペでよろしく)
http://youtu.be/5bu_Ynw8Bsg
http://youtu.be/St49BdhuA8c
http://youtu.be/TFWDUsvLCoE

こんな状況に身を置いて走り出したら 女であるとか男であるとか年齢や国籍がなんであるかなんて全く関係なく、熱く波打つ心臓を持つひとつのモノとなって、ただただひたすら前へ前へと進むだけだ。



         
写真左)レース終了時になって雲の切れ間から顔を出す山々 写真右)左の写真を拡大すると天辺に塔が見えるがこれがその塔


メンバーに「景色はどうだった?」と聞いたら 「闇夜と雲のなかしか走ってないからそれ以外は見てない」 だとさ。





 素晴らしい時間を共有させてくれたフランシスコに感謝。

 次は BAD WATER 行こうとプレッシャーかけておいた。

 *BAD WATERとは 世界で最も暑い場所で、一年で最も暑い日に行われるウルトラマラソンである*

                     




レース翌日 快晴の中ケーブルでモンブランに登る。

眼下にはシャモニーの町。





【Tomyumさん】
観光ツアーと言いながらも、きっとしっかりトレイルを走ってこられるんだろうなと思っています。我々が登った時は風が強く、エギュードミディからシャモニーに下りるトレイルは一時閉鎖されてました。写真、ご自由にどうぞ。
【No title】
遠路の応援ご苦労さまでした。
大変なレースだったようですね。
4年前の7月にシャモニーに行った時もエギュードゥミディーは吹雪でした。
今月末シャモニーに行く予定です。奥様同伴ですから観光ツアーになるでしょうね。
お願い:FBにどれか一枚写真をお借りします。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg