FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

早寝早起きの日々、規則正しく自分に厳しく。

遅ればせながらのマラソントレーニング。。。も、アルゼンチンワイン、ウマ過ぎですわぁ。
これは是非ともメンドーサへ行かねば。
ブエノスアイレスのあとはバスでコルドバ ~ メンドーサ 行き決定。

さて、ここ数日、オサンドンとランニングとインターネットしかしていなかったので、週末土曜は目先を変えてサンテルモ(旧市街というか趣のある古き建築物の残る綺麗な場所です)までランニング。途中スラムの様相を呈する街角を抜けて行く。お巡りさんが集団行動。団体で巡回中だった。我々を見て「ナニヤッテンダ アイツラ、こんなトコロデ?」といった感じの呆れ顔をしていたのを横目で見ながら足速に抜けてセントロ(中心街)へ向かう。ぐずぐず走ってられぬと思い飛ばしたらすぐに息切れしてしまった。
散歩して地下鉄で戻った。


翌、日曜日。

ブエノスアイレス ハッシュランに参加するので再度サンテルモヘ。

11時パブ前に集合。参加者20名。ランナー、ウォーカー半々。





ブエノスアイレスのハッシュは二週に一度の頻度。我々には今回これがただ一度の参加チャンス。


ブエノスのハッシャーは皆さん心優しい人達だった。

どのハッシュも皆さん良い人ばかりなのだが、ブエノスは特別 心暖かいグループだったおかげで、すんなりと仲間に馴染むことが出来、楽しい一日を過ごさせてもらった。
主流メンバーはエキスパット(外国からの駐在員)で、ローカルは少ない。アルゼンチンでは、ランニングとドリンキングは別々にするべき、という考えの人が多いらしく、ハッシュは浸透しずらいそうだ。

       



サンテルモをスタートしてボカ地区へ。

タンゴ発祥の地、ボカ。実は初めて行った。

地元のサッカーチーム ボカジュニアスタジアム前で記念写真も撮った。



タンゴの調べ、情熱的なダンスも横目で見て、ぐるりと回って プエルトマデロの運河沿いでビールチェックポイント。

皆で一息いれてビールをぐいっとあおって後半戦。

      

        


日曜市で賑わうサンテルモのプラザドレゴの露店をひやかし、人波に逆らって パブへと戻った。
約1時間強、距離にして10キロ程のハッシュランであった。
        



走った後はお決まりのオンオンタイム。

輪になり儀式、というか ユーモアたっぷりの集会が長い長い。

      


写真:左)本日初参加の洗礼     右)ハッシュ名を命名されて洗礼を受ける彼



ビジターの我々も 歌わされて、飲まされて、笑わされて。。。



腹を空かせたメンバーから巻が入る程盛り上がった集会は、一旦おひらきになり、、そのまま場所をパブ内へと移して 食事しながら 延々と続いたのであった。

      





この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg