FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

沢山写真を撮ったのでアップしとこうっと。




マチュピチュへはインカ道を歩いてくる事も可能。
インカ道とは誰が名付けたか知らないが、マチュピチュへ通じる山道のひとつ。他にも山道はあるのだが「インカ道」という名前が今やブランド化、超人気で予約は何ヶ月も前に埋まる。と言うのも一日に山道へ入れる人数制限があるからである。
約45キロの距離を四日かけて歩く。荷物は荷役が担いでくれるので飲み水や雨合羽程度を自分で持てば良いそうだ。荷役が先回りして全食事とテント設営をしてくれる、王様のようなトレッキングである。
ガイド付き、マチュピチュ入場料付き、帰りの電車付き、お値段はまちまちだ。

本来、健脚ならば二日で歩けるコースらしい。ガイドに言わせると、自分達は一日半で歩くが、お客様は飲んだり食べたり写真撮ってお喋りしてと、止まってばかりで先に進めない、のだそうだ。

トレッキングをしてみたいのはヤマヤマであったが、我々は自分の荷物は自分で担ぐ。自分で担げない山歩きはしない主義なのでインカ道には縁なし。
名もない山道を勝手に歩き回って充分楽しんできた。



  翌日の帰りの電車はメジャーなペルーレイル。

       

インカトレインの方が窓が開けられ、サービスの飲み物も菓子も良かった。

ペルーレイルのエクスペディションというバックパッカー専用車両だから、質が落ちるのかも。

まぁ、楽にオランタまで戻れるのだから文句なんてない。







【No title】
Takechan san、こんにちは。
クスコに来てから慌しい日々をおくっています。シドニーに無事戻られたようですね。なによりです。ペルーでの食事を気を付けていたのに食当たりでぐったり。。。回復中です。トホホ
【マチュピチュ】
いよいよ登りましたね。憧れのマチュピチュ。
私も一度は行っているからこの感激が分かります。
もう一度は行ってみたいな所ですね。

インカの道は行けそうにない私ですがl
この山も登れそうにないですよ。
高い所、もってのほかで嫌いですから。

先日お話していたのはオーストリア人の村でした。
Oxapampa: A German-Austrian Colony in Peru’s High Jungle
Pozuzoと言う街も近くにあるそうです。
ジャングルの中にあって今ではコーヒーの産地とか。
Limaからバスも出ていますが、12時間ぐらいかかりそうです。
なかなか面白そうな所ですよ。
ペルーにあってドイツ語が話せるとか、
そこまで行く道だけで冒険のようです。

もし行ったらレポートして下さい。
日本人で行った人は少ないようです。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg