FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



    コスタル-パシフィコ-ヴィニャ-デルマール マラソン



12月2日 レニャカからバスで42.195キロ離れたスタート地点へ行き、そこから戻ってくるフルマラソン





       「えぇ。 充分、気がすみましたとも」
                                (長文でっせ)





       まずはマラソン前日のゼッケンピックアップ、エキスポの模様
         
                                 無料パスタサービス。

前夜スタートのサンチアゴ-バルパレソ130キロウルトラマラソン中に ランナー集団に車が突っ込み3名死亡、5名意識不明の重傷という痛ましいアクシデントが起こった直後で、エキスポ会場内は少し沈んでいた。



起床3時45分。夏のビニャデルマールの週末はお祭り騒ぎ。
当然、夜通し音楽が鳴り響いていたので睡眠はイマイチ。(風邪のお陰で散々寝たからいいんだけど)

午前5時半、用意されたバスでスタート地点に向かう。
ビニャからバスの出るレニャカまでは自分達で行かねばならぬのでエキスポで知り合ったアメリカ人女性とタクシーを割り勘。四人で記念写真。



コースはワインディング、ローリングヒル、くねくねアップダウンの郊外の道をひたすら30キロ走ると やっとコースト(海岸に出る)。

とても気持ちのよい 素晴らしいコースだった。

もちろん 走り甲斐の充分あるコース。




        
       スタート直前(左)     と   多分最初の給水5キロ地点(右)


給水は5キロ毎。沿道の応援はほとんどなし。CONCONコンコンという町に入るまで民家はほぼゼロ。
        




タクシーをシェアしたアメリカンガールは奴豚と一緒に軽快なステップ。3時間42分がベストタイムという彼女、このマラソンではサブ4を目指して力走中。

もう一人の女性は 今回3分30秒走り30秒歩くというパターンを最後迄続ける作戦。足へのダメージが少ないそうだ。サブ5狙い。

余程強い気持ちでいないと 歩いた後に走り出すのが辛くなりそうだと思うが、特に終盤、牛美には合わなさそうな作戦。…う~む。どうせあとで抜かされるだろうが。


      
     牛美も15キロあたりまでは身も心も軽くリズミカルに刻んでいた。

100キロ走るとしたらきっとこんなペースでスタートするんじゃないかな?と勝手に想像してゆっくりながらも順調であった。

         



   ハーフ通過ゲート。

まだ元気で、手元の時計では2時間24分だったかな?それほどひどくないじゃん。
だいたい、このあたりで予想終了タイムは想像ついた。

  まだまだ気がすみませんよ、これからこれから。


      

コスタル(海沿い)パシフィックとはいっても、海に出会えるのは30キロ過ぎだ。

長い砂丘の壁を越すとやっと待ちに待った南太平洋が視界に飛びこんでくる。
ここ迄いくつもの丘を超えカーブを曲がり、あの先は海かな?まだかな? ……。と期待して、、、
      海が見える迄、、、と頑張ってきたんだ。
   
         待ってたよ、海。 爽やかで清々しく嬉しい。




全身を優しく冷やす海風にそっと押されながら、重い足を引きずる。

   ペリカンが沢山






コンコンの小さい街並は止まらずなんとか通過。

歩いてるんだか走ってるんだか大差ない速度だと 道行く人も応援して良いもんか、黙ってやり過ごした方がいいのか、気の毒そうな表情の人達の前を黙って靴を引きずる音をズリズリたてて通り過ぎる。



35キロを過ぎ、止まってストレッチしていると背後から助っ人現る。。。

気が済んだわけではなく、そ~と~足にきていたのでストレッチでもしてみるかぁと思ったのだが、背の高い中年の男性が「バモスバモス(ほれ、行こうや)」と促してくれたのだ。「はぁー、ま、ぼちぼちいきまんがな。」と笑顔でやり過ごそうと思うものの、セニョールは振り向いて手招きをやめないので、すまなくなって走り出した。

      
   この灯台も(左)この入江も(右)セニョールの背中を追いながら超えてきた。

ゼッケンをつけていなかったので バンディット(飛び入り参加)か、朝のジョギング中だったのか、35キロから40キロ地点まで 後ろの牛美を振り返りながら、時折 水を差し出してくれながら、ゴールはあの突端を回った先だよ、あと数キロだよと 手招きをして 伴走してくれた。



40キロ、なんとかここ迄来たなぁ。

気温高く、快晴の空は澄み高く、海風は爽やかに涼しく、なんて素晴らしい日曜日だろう。

ここまで来たからには 行くしかないっしょ、と それを察したのか、伴走のセニョールは指を二本立てて、二キロという意味だったのか ピ-スサインだったのか… 爽やかに笑って牛美の背を押し何処かへ去って行った…



   アザラシ達の声が響いてくる

なんと12キロも足を引きずってきたんだ。
トレーニングなしで どこまで走れるかと楽しみにスタートしたわけだが、ハーフなら問題なく走れても、やはりフルはいかんね。
予想通り 足がついてこなかった。不思議と辛いとは思わなかった。気が済むまで走ろうという思いが常に気持ちを上向きにしてくれた。


      

その頃 奴豚は ずっと前にフィニッシュして、海岸へ行ったりランナー達と話したり、メダル係りの綺麗なお嬢さん達と写真撮ったりしていたワケだ。奴豚4時間19分

      


フィニッシュまで500メートル地点

力走とは言えないが、辛うじて走ってますって姿勢。

奴豚が待ちくたびれて見にきたが、「少し歩いたら?」とか「水飲む?」とか、何とかやっとの思いで足を前に出すだけで必死のワタシに 横からグダグダ言わないでくれよ。
セニョールは一言も言わず 5キロも引っ張ってくれたのに。
やっぱり「男は黙ってサッポロビール」でしょう。 (知ってる?このコマーシャル)


      

     やっと終わった。歩くとかえって足がつる。。5時間23分57秒。 ふぅ
   もう今日のところはこれくらいにしておくか~。 充分に気がすんだ。


辛くなるのは覚悟のうえでスタートしたが、いやはや、予想通りの展開に予想通りのタイム。リタイアせず走れたから満足!



3分30秒 走+ 30秒歩 で リズミカルに牛美を抜いていった彼女と。

この後、ただのマッサージを受け、一緒にランチで祝杯をあげ 別れた。




帰宅後 シャワー浴びて横になったら 急に吐き気と悪寒。鎮痛薬を飲み布団に包まってベッドに引っくり返っているうち眠った。目覚めると2時半。気分は良くなっていた。
実家へメールを入れ、また泥の様に眠りの底へ。。。

準備が整わずにフルマラソンは あとのダメージも結構来ますわ~。

そんな事言いながらも、素晴らしいコースでマラソンは楽しいと思いながら走ったいい一日だった。
トレーニングしていたら、もっとずっと楽しいんだがね。




【No title】
院長 ありがとうございます! 些細な事で喧嘩は本当にあとから思えば馬鹿馬鹿しいものですが、学習機能ないもんで。
時間を気にせずただひたすら走るってのもいいものでした。車規制あり 給水あり 白バイの護衛あり の 至れり尽くせりジョギング。でも次回はちゃんとトレーニングして走ります。今週末のレース 楽しんで走ってきて下さい!
【お疲れさまです!】
お二人とも完走おめでとうございます!特に練習なし、ストレスフルでの完走の牛美さんすごいですね~ メンタルの弱い自分なら身体も心もだめな時に走りきれる気がしません。。。いや~すごい。自分の10キロレースはこの週末ですが、歩きそうな勢いです。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg