FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

渓谷の昼は乾いて暑く とても走る気になれないので、早朝 裏の山へ向かう。

奴豚とは別行動である。走りたい方角、時間帯、走るスピードも違うので 自ずと別々。互いに気楽。



すぐ裏のミラドー(展望台)と呼ばれる小山の頂上には数々のアンテナが並ぶ。

マリア様はアンテナに押しやられている感じ。

神様より携帯電話の時代か。。






この小山から ずっと奥へ奥へと果てしなく走っていけるが、牛美は深入りせずに折り返す。                        写真右はヴィクーニャの町。
      



朝の渓谷は霧と靄と砂漠とサボテン。

清々しく素晴らしい時間。








暑い午後はバスで隣村へ。

何もない。誰もいない。。。と思ったら山羊達とすれ違う。



          




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg