FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ラパスへ来た一番の理由はハッシュランである。


世界で一番標高の高い首都ラパスのハッシュは HHHH(Hが4つ)と呼ばれている。

通常は HHH(或はH3): Hash House Harriers の頭文字を取ったものである。

ラパスは HHHH : Highest Hash House Harriers で Hが4つなのである。

隔週開催のハッシュに合わせてラパスに来たのだ。


実は 3月10日に第一回ラパスマラソンが開催されることになった。
世界一標高の高い首都での栄えある第一回シティーマラソンである。
  走りたくないわけがない。。。  が、 知った時期が遅過ぎた。
3月11日ペルーのリマ発の航空券を購入済みで変更不可。
ラン航空に聞いてみたが、出発地及び出発日の変更は不可のチケットである。残念だが出走は諦めた。

  因に 興味のある方に:参加無料で 今からでも参加可能である。
スタートから13キロメートルは上り、その後は下りのコースだそうだ。高所で心臓破りの坂を経験したい方にはもってこいのレースである。詳細はこちらから
どうぞ




さて、我々はハッシュラン。

ラパスの宿はAir B&B。広々した寝室が3つもあるアパートで快適だ。宿主の娘さんがハッシャーだと言う。なので一緒に出掛けた。

土曜の午後 待ち合わせ場所で待つ事20分。ボリビア人はのんびりである。
ゾナスール(南側にある町)から車でさらに“月の谷”方面へ上がって行った所がスタートであった。
   
約20名程、男性は若手ランナーが多く、ついて行こうと頑張ってはみたが。。。離されはしたが女子ではトップ。

約7キロのコースは 多彩な路面に面白いアップダウン。月の谷の横を抜けて とても楽しいコース取りだった。

      

      

      

      



     メンバーのハッシュ名 命名式もあって。。。

        


         会合の後は バーベキュー。

     


  ラパスは治安も良く、暗くなってもさほど心配せず 無事帰宅なり。

ラパスには親日家が多く、日本語を話す人が数名。日本の文化にもとても興味を持ってくれている。ラパス郊外には日本人のコミュニティーがあるそうだ。知らなかった。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg