FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ラパスには "death road"(直訳すると死の道)と呼ばれる山路がある。

雨季にはぬかるんだ道が崩れて 車が谷へ落ちたり、怖いもの知らずのバイカーやチャリダーがブレーキをかける事なくカーブを曲がりきれずに谷底へ落ちたりと、死亡事故が跡を絶たないことで有名だ。

ここをマウンテンバイクで駆け下りるツアーは観光客に人気である。
流石のボリビア政府も事故防止の為に、最近は車を制限し、バイク用に時間を分けたり、別に路を作ったりして、以前よりは安全のようだ。要は、スピードを出さなければ危険はないのであるが。。。


ここを奴豚が走りに行った。バイクではなくランニングである。
ハッシュランで知り合った現地在住ランナーと三人で夜明け前に出て行った。
車で2時間程行った山の上から 死の道はスタートする。




山の上は雪が残るところあり。




      

          山の中腹に刻まれた路。

        

本来のDeath Road は上部の舗装路を含め60キロメートル程度だが、奴豚達三人は舗装路はさけて、未舗装路が始まる地点から約37キロメートルのダウンヒルを駆け下りる。

      






ここで亡くなった人達の墓もある。








      

雨季で滝の水は豊富だ。
いたるところに滝。いいお湿りをいくつもいくつも越えて行く。


何故 牛美は行かなかったか。。。?

ダウンヒルコースと聞いて行きたくないはずはなかった。
が、せっかく男性三人でさっそうと駆け抜ける邪魔になるような気がして遠慮した。標高の高い37キロをきっちり走れる自信がなかった。残念。自分の力に不安があるのだから仕方ない。ぐっと我慢の一日だった。トレーニングを積むしかこの悔しさを晴らす方法はない。



【暖かくなりました】
こんにちはtakechanさん。いつもお越し頂き有難うございます。コメント嬉しいです! 私も年と共に高所が苦手になりつつあります。自転車でカーブを曲がるところを想像するだけで怖いですから。足が地につくランニングが一番。
ペルーに入国して標高が下がり、やっと暖かくなりました‼
【高い所は】
写真を見ているだけで足がすくみそうです。
高い所嫌いですからね。
車で行くのも嫌だけど、自転車なんて絶対無理。
でも一緒に行って、
牛美さんだけ自転車って言うのもよかったかも。
もうすぐ暖かい所に戻れるのでしょうか?
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg