FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

フォークランド諸島だより


プンタアレナスフォークランド諸島のミリタリー空港”Mount Pleasant ”間を結ぶ便は毎週土曜日、一便のみである。

フォークランド諸島の首都 スタンリーで開催される スタンダードチャーター(銀行)スタンリーマラソンは今年で9回目。3月17日(日)なので着いた翌日、即、走ることになる。

11時55分発 ラン航空、ランナーで満席かと思いきや、それほどでもない。ランナーだなと分かる人達と機内で雑談。ブラジル人の友人アレックスもリオデジャネイロから乗り継いで合流した。アレックスとは昨年9月のブエノスアイレスマラソンで知り合った。フォークランドに誘ったら喜んで参加してくれたのである。

      

もしラン航空の手違いで預けた荷物が届かない場合を考慮して、ランパン、ランニングシューズは身につけていた。(我々の南米系航空会社への信頼は薄いのである。)

午後2時定刻着。荷物を無事引き取り 入国審査もすんなり、荷物チェックも無く 宿を通じて頼んでおいた送迎のMr.エイドリアンのバンでスタンリーの町へ向かった。

      

途中、数カ所で止まって 写真撮影なり。
道路脇に地雷が埋まっている場所というのもそうそうお目にかかれないからね。


一週間お世話になるのは 一年前から予約をいれておいたMrsケイさんのB&B。
年と共に宿業もきつく感じるようになったので、そろそろ廃業しようかと思うのよ、とメールをもらっていたが 背筋スクッと細身で長身、テキパキ動き回り、口笛を吹きながら家事をこなす チャーミングでとても素敵なミセスで御元気そうであった。


整理整頓され柔らかでフカフカのリネンやベッド、カーペット、お部屋を拝見しただけで どんなお人柄かわかる素敵な宿である。動物奇想天外のテレビクルーが度々泊まっていたらしい。残念ながら我々が最後から二番目の客になるようである。。。



スタンリーの町を散策。
    

まったくもってイギリスである。何から何までイギリス。もちろん通貨もイギリスポンド(正確にはフォークランドポンド、換算レートは1対1)チリやアルゼンチン通貨は通用しない。ATMなし。

           

チリからたった2時間でイギリスに来てしまった、、、という感じ。
英語で話せるって嬉しい。


小さな町だがパブが沢山。マラソンに備えての禁酒の日々も 解禁間近。

午後6時、早めに夕食を済ませ 翌日のマラソンに備えるなり。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg