FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


台湾三週間は大まかに立てていた予定通りにスムームだった。

到着前から台湾には良い印象を持っており、滞在中もずっとその印象が崩れることなく、かえって何故いままで来ようとしなかったのかと思ったほど心地よい時を過ごす事ができた。台湾は親切で暖かく正直ないい人達が暮らす平和で柔和な場所であった。ありがとう台湾の皆さん。

台中から台北桃園空港行きバスは頻繁に出ており、車内では映画上映あり、心地良いシートに身を任せているうち約2時間半で第二ターミナルに着いた。
はじめ良ければ終わりよし。大きな変更といえば、メインイベントのマラソンがハーフになった事くらいか。



さて、クアラルンプールを経由していざネパールへ向かうのである。

こちらはち〜と不安ありだ。

カトマンズ、、、脳裏に浮かぶのは カオス的なごったな町にあふれる車と逆走するバイクと牛と喧騒。。。
7年間も旅しているくせに ガイドを読んで それを素直に受け取るナイーブな性格は変わらない。いつまでたってもタフにはならないんだなぁ、これが。

蓋を開けてみれば決まって 案ずれば生むが易し、なんだが。


クアラルンプール空港で6時間の乗継ぎ時間を経て、カトマンズ行きエアアジアに搭乗。乗客は不思議にネパール人男性ばかり。出稼ぎから帰国するのかな?
チラリホラリ日本人。金髪の西洋人女性二人が女性であるということと金髪で白い肌という理由だけで飛び抜けて目立っていた。


カトマンズまで4時間。
風邪薬のお陰で満席だったが良く眠れた。

空港でまずはビザを取得せねばならぬ。
列に並んで90日ビザ料金を支払い(100米ドル)、次にビザ入国管理局の列へ。
列は全く動かない。長い間並んで待って、ゆっくりゆっくり前の人達がパスポートを受け取る様をじっと見ていた。入国管理は三人がかりだった。



空港には友人が迎えに来てくれていた。待たせてすまない。。。

選挙前のストで公共交通は止まっているし、選挙反対派が仕掛けた爆弾で4歳児が死亡したところだった。かなり過激なストらしい。
選挙が終わるまでは戒厳令の缶詰めかな?

お抱え運転手の車で友人宅ヘ。
門の中に入ると 静かで平和なゆったりした時間が流れていてホッとした。

計画停電や水道供給制限など、覚えなければいけない事が幾つかあるようだが、ひとまず安全にカトマンズ到着なり。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg