FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

少〜し不安な気持ちでやってきたカトマンズ


台中からスタートした総移動時間、乗り継ぎを入れて まるまる24時間かかった事になるが、台北クアラルンプール(5時間)+ クアラルンプールカトマンズ(4時間)のフライト中 ぐっすり眠ったので疲れ具合が違う。眠りがいかに重要か再確認なり。


夕焼けに映えるという寺を見がてら散歩に出て、近くのカフェで再会を祝ってビールで乾杯、その後 夕食へ。

いきなり現地フードだと面食らうと思ってくれたのか、最初の夕食は 静かで落ち着いた洋食レストランのガーデンテラスで月の明かりの下、ステーキをいただいた。
上品なステーキも嬉しいお値段。お財布に優しく嬉しい。
ビーフは食べないヒンズー教の皆さんだが、旅行者用にステーキ屋が多い。シェフは料理する分にはかまわないのかな?


ストが行われているお陰で排気ガスが少なく いつもより空が澄んでいるそうだ。
夕焼けにそまる寺が幻想的で綺麗だ。
人通りも予想した程 ごったがえしていないし、かえってストは我々には好都合だったか?


観光客の馬鹿面さらしたくなかったのでカメラは家に置いてきた。残念
夕焼けの寺は美しく幻想的であった。

古い建物、店屋の並ぶ軒先、寺、角の仏像、線香の匂い、舗装されていない道の土ぼこり、停電の暗い街角、あちこちに空いている穴ぼこ、野良犬達 たまに野良牛。

やはり案ずるより産むが易しであった。
もうすっかりカトマンズが気に入ってしまった



翌日、翌々日とトレッキングに行く為の旅行代理店巡り。
目星をつけておいた店に相談に行った。数軒聞いて回って奴豚と家族会議。

エベレストやアンナプルナを抱えるネパールのトレッキングは はっきり言ってかなり高額である。
値切ってもまだまだお高い。エベレストベースキャンプへ行くべきか否か。。。?
我々、金はなくても時間はある。なにも急いで高額トレッキングに参加して がむしゃらにベースキャンプへ行かなくてもいいんじゃないか、との 会議の結果。

天気と相談で ルクラからゴーキョを目指す事にした。
まずはゴーキョだ。その後は 体調と財布を調整しながら約4週間 エベレストの膝元を歩く事にした。






この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg