FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

12月2日

DAY 13 : パンボチェPANGBOCHEーテンボチェTENGBOCHE 標高39303820 宿泊先:TashiDerek Hotel

寒い夜だった。12月に入って急に冷え込みが厳しくなったように思う。
窓ガラス一面に氷の結晶がついていた。

朝はストーブを使わないので心底凍える食堂で震えながら朝食をすませる。


9時出発。今日は隣のタンボチェまで、すぐそこなんで楽勝。
    谷を大きく下って 川を渡り また登る。川もつらら。
      DSC09711 copy    DSC09712 copy



10時半には着いてしまった。
部屋の掃除が済むまで日の当たり始めたテラスでお茶する。

   DSC09719 copy   DSC09720 copy


          向かいは有名なモネストリーだ。
   DSC09735 copy     DSC09713 copy


我々の部屋はエベレストヴューだが、イチミリたりとも日が射さない部屋で昼間からもうすでに凍えるように寒い。景色を取るか環境をとるか。。。一晩だけだから寒さに堪えて景色を取った。
( 奴豚の 「二泊してもいいんじゃない?急ぐ旅じゃないし、」 の発言は聞こえぬふりをしていた )

   DSC09747 copy     DSC09770 copy




急に日程がゆったりしてしまったのには、前にも述べたが 我がガイド兼ポーターであるナンダの 連日の「持ち金が少なくきびしい」発言が大きく影響している。

思い起こせばトレッキング初日の11月20日、ナンダに旅程を説明し 「まずはゴーキョまで。その後 エベレストベースキャンプかカラパタールへ行くぞ、いいかい? 日程は二週間から三週間。」と 確認した際に 「ノープロブレム」 とのたまったじゃないか。
 まぁ、ナンダには どっちにしろ 拒否する選択なんぞなかったのだろうが。。。
   (同行しなけりゃ収入はない、同行するには持ち金がない、どっちにしろナイナイだったのだ)

そんなおり 奴豚が風邪でダウンだし、どのみちエベレストベースキャンプには縁がなかったんだろう。それほど行きたい気持ちもなかったし。。。で、パンボチェで休養中にチュクンへすら行くのもやめて ナムチェに戻ってゆっくりしようという事になったのだった。


DSC09738 copyタンボチェはモネストリー以外にはロッジが数軒ある程度で そんな中にベーカリーの店の看板がエラく魅力的に輝いて見えたので 行ってみた。

行ったからには食べるでしょ〜やっぱり。目が欲しくて頼んだチョコケーキは 先週焼いたのか?と思うシロモノで ちょっと後悔。直後に奴豚は腹下し。



DSC09767 copy
午後3時からモネストリー内での修行風景が見学出来るとあって行ってきた。
お経が歌のようにハーモニーになって聞こえてくる。輪唱のようで綺麗な響きだった。




夕焼けにそまるエベレスト。

DSC09775 copy





本日のお会計:ロッジ3140

この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg